映画

LAMB/ラム

羊飼いの夫婦の羊に羊ではない何かが生まれるという映画。ホラーやスリラーのような宣伝の仕方をしていたが、それほど怖くもなく、エンターテイメント性も低い所謂ヨーロッパ映画。 本来ならミニシアター系での公開となるような作品だけど、丸の内ピカデリー…

NOPE

ジョーダン・ピールの最新作。一作目の「Get Out」、二作目の「Us」もぶっとんだアイデアとジワジワとくる恐怖が強烈だったけど、それに比べると今作は物足りないなあ。 動物とか自然に対する人間の驕りがテーマなのかなあ?前二作に比べるとちょっと恐怖が…

さがす

今年の映画No.1は、多分これだな。 オープニングのカメラワークからゾクゾクした。主人公であるはずの佐藤二郎が冒頭から失踪してしまう。交差する時間軸、二転三転するストーリー、残酷な殺害シーン、サスペンスあり、人間ドラマありでぐいぐい引き込まれる…

日本の映画館 国立映画アーカイブ

子供の頃から映画好きだったので、映画館は、おそらく人生で一番時を過ごした場所なんじゃないかと思う。 今は、見やすいけど味気ないシネコンばかりで、劇場という感じの映画館は本当に減ってしまった。 テアトル東京で初めてシネラマを観た時の衝撃と感動…

Sexual Drive 新宿武蔵野館

直接的ではない映像表現と言葉の応酬が脳内に強烈なイマジネーションを呼び醒ます快作「Sexual Drive」を新宿武蔵野館で観てきた。予告でもっと暴力的な映画なのかと想像していたが、実際は、言葉があらゆる感覚を刺激する。言葉は静かに体に入り込み、徐々…

マトリックス レザレクションズ

やはり、映画は封切られて(<=古い言い方?)すぐに観ないとね。今日から「スパイダーマン」も公開され、シネコンの大きなスクリーンは、「スパイダーマン」と「呪術廻戦」に占有され「マトリックス」は小さめなスクリーンに追いやられていた。 そんな中、…

エターナルズ

「ザ・ライダー」や「ノマドランド」のクロエ・ジャオが監督だから、「エターナルズ」にちょっと期待しちゃったけど、やはり、マーベルとは肌が合わないや。 サウスダコタの家がアンドリュー・ワイエス風だったけどなにか意味あるの? あ、オープニングがPin…

DUNE 砂の惑星

池袋まで行って「DUNE 砂の惑星」を観てきた。 日本で池袋のグランドシネマサンシャインと大阪の109シネマズ大阪エキスポシティの2館にのみIMAXレーザー/GTテクノロジーというのが導入されている。 池袋のグランドシネマサンシャインのIMAXシアターは、スク…

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

007の新作を観てきた。「スターウォーズ」もそうだけど、一番ワクワクするのは、オープニングのロゴとテーマ曲が流れるとこだよねえ。(笑) ダニエル・クレイグの007は、「カジノ・ロワイヤル」からずっと繋がっている一つのシリーズ作品だね。以前の作品は…

ザ・トライブ

「この映画の言語は手話である 字幕や吹き替えは存在しない」で始まる映画。 聾学校が舞台で、台詞はなく、登場人物は全て手話で会話するウクライナ映画。手話なので何を話しているか分からないけど、状況や手振り、表情で想像しながら観る。でもその過程が…

陸軍

まだ銀座の並木座があった頃、終戦記念日の前後の週は必ず戦中の映画が上映されていた。今でも忘れられないのが木下恵介監督の「陸軍」だ。戦中に制作された戦意高揚映画の一本で、台詞は戦争に行って死ぬことを美化しているようだ。 ただ、ラストの出兵する…

ザ・ライダー

Amazon Primeで『ザ・ライダー』。 『ノマドランド』で今年のアカデミー監督賞を受賞したクロエ・ジャオの前作。実在の人物が自分自身で本人を演じているので、ノマド同様ドキュメンタリーのようなテイストもある不思議な作品。 落馬事故で頭部に重傷を負い…

キャラクター

映画「キャラクター」を観にTOHOシネマズ日比谷へ。 登場人物や殺される被害者の背景や人間ドラマが薄く、その点物足りないのだが、エンターテイメント作品として、オリジナルの映画脚本には拍手を送りたい。やっぱり、原作の無いオリジナルのストーリーの映…

バニー・レークは行方不明

先日NHK BSでやっていた未見の「バニー・レークは行方不明」を鑑賞。 アメリカからイギリスに引っ越してきたシングルマザーの娘が保育園で失踪。誰もそんな子供は見てないと言う、そもそも母親の妄想の子供なのでは・・・?というミステリー。 捜査する警部…

ウルトラセブン 第8話「狙われた街」

今日は、録画しておいた「ウルトラセブン」を鑑賞。 名作の誉高い第8話「狙われた街」だ。モロボシダンとメトロン星人がちゃぶ台を介して対峙する不思議な場面で有名だけど、人間が互いに信頼すべき動物というところを逆手に取って悪事を働かさせるという設…

霊魂の不滅

Amazon Primeで100年前のスウェーデン映画を観た。日本語字幕がおぞましいくらい支離滅裂でひどいのだが、映像と後から付けた音楽がすごいので観入ってしまった。 サイレント映画って、台詞が無い分、役者の目や表情、仕草の迫力がすごいね。モノクロの陰影…

海炭市叙景

なんか切ないねえ。 人間は、どんなにつらくても生きていかねばならぬのか。どんなにつらくても不幸でも時間は、淡々と流れていく。 函館がどこにも存在しない架空都市として描かれている。何度も行ったことあるし、とっても有名な場所が出てくるのに、他の…

ノマドランド

こういう映画70年代にはたくさんあったな。懐かしい雰囲気。「ファイブ・イージー・ピーセス」とか思い出した。 最初、ドキュメンタリー映画みたいと思ってしまったけど、主演のフランシスと助演男優以外は、すべて実際のホームレスの人だった。そのリアルな…

晩春

死ぬ前に最後に一本だけ映画を観てもいいとなったら、小津安二郎の「晩春」かな。(もう一本洋画も選んでいいと言われたらベルイマンの「野いちご」。) 原節子生誕100年記念映画祭で今夜は「晩春」を観てきた。小津安二郎の映画で初めて観たのもこの「晩春…

驟雨

国立映画アーカイブで成瀬巳喜男監督、原節子主演の「驟雨」を観てきた。この映画は、映画館でかかる度に観ているな。ほとんどがここだけど。 成瀬巳喜男と言えば、大作「浮雲」が有名だけど、「浮雲」は生きていくのが嫌になるほどズシンとくるよねえ。 同…

TENET

久しぶりに映画館で新作映画を観てきた。 クリストファー・ノーラン監督の「TENET」。 まあ、なんとも分かりにくい映画だわあ。 ようは、ラテン語の回文【SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS(農夫のアレポ氏は馬鋤きを曳いて仕事をする)】を映像化したのねって…

バンド・ワゴン

Amazonプライムでフレッド・アステアの「バンド・ワゴン」を鑑賞。 お馴染みのナンバー「That's Entertainment」に心躍り、夜の公園でアステアとシド・チャリシーが踊る「Dancing in the dark」の美しさにうっとりし、クライマックスのジャズ風殺人ミステリ…

もったいないキッチン

もったいない精神を持ちながら年間フードロスの量は世界トップクラスの日本。 その矛盾に鋭く迫るというよりは、廃棄される食料を使って料理して食べようとする内容のドキュメンタリーだ。 流通や経済に起因するところも大きいものの消費者一人ひとりができ…

デッド・ドント・ダイ

ジム・ジャームッシュの映画、好きなのよねえ。そして、ビル・マーレイも好きなのよねえ。トム・ウェイツも好きなのよねえ。アダム・ドライバーも「スターウォーズ」はパッとしなかったけど、それ以外の映画はみんないいねえ。 ジム・ジャームッシュがゾンビ…

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

久しぶりの映画館での映画鑑賞。日本初公開時は、「ウエスタン」という邦題だった「Once Upon A Time In The West」が再公開。これは、やっぱり映画館の大スクリーンと大音響で観たい映画の筆頭だ。 オープニング、荒涼とした平原の駅で汽車の到着を待つ3人…

エンドレス・ポエトリー

Amazonプライムで映画鑑賞。 見逃していたホドロフスキーの「エンドレス・ポエトリー」を。 ホドロフスキーらしい不思議な映像とちょっとフェリーニチックなユーモアに魅せられる。 自分自身を見つめ直す題材は、寺山修司の「田園に死す」を想い出した。 タ…

心の旅路

本日のNHK BS映画「心の旅路(原題:Random Harvest)」 戦争による負傷で記憶を失った男は、入院中の病院から抜け出し、踊り子のポーラと出会い恋に落ちる。二人は逃避行の中、男は名前をジョン・スミスとして結婚し子供をもうける。貧乏だけどささやかな幸…

独裁者

NHK BSでチャップリンの「独裁者」がやっていた。 コロナで世界が分断する中、今全人類が観るべきはこれじゃない? 地球儀のシーン、ラストの演説は、何度観ても鳥肌が立つ。 独裁者 The Great Dictator [Blu-ray]

深夜の告白

好きな監督一人だけあげろと言われたら、真っ先に浮かぶのがビリー・ワイルダーだ。あらゆるジャンルの映画を撮り、そのどれもが傑作だ。 今日は、NHK BSで初期の大傑作「深夜の告白」がやっていた。 当時の倫理観で、不倫の上保険金殺人というテーマでの映…

ドクトル・ジバゴ

今日は、NHK BSで「ドクトル・ジバゴ」。 何度も観ているけど、3時間半があっという間だ。 ジュリー・クリスティも綺麗だけど、大自然の美しい映像とモーリス・ジャールの音楽に酔いしれてしまう。 ロシア革命と第一次世界大戦という歴史の波に翻弄される壮…